Minecraft サバイバル都市開発記

サンドボックスゲーム Minecraft で街を作ってます

#29 多連装自動かまどの作り方

2017年7月23日 08:00 | 解説 | タグ: | 0件のコメント

こんにちは d(・∀・)d

今回は多連装自動かまどの作り方を解説します。

解説では20連装となっていますが、かまどの数は自由に変えられるのでお好みで増やしてみたりしてください。

 

  1. 成果物回収部分
  2. 燃料搬入部分
  3. 精錬アイテム搬入部分
  4. レールの接続がうまくいかないとき
  5. 注意点

成果物回収部分

チェストの上にホッパーを設置。

このチェストには精錬し終わった成果物が入ります。

 

ホッパーの横にかまどの数だけブロックを設置します (図の安山岩の部分)

今回は20個ということになりますね。

続いて両側にもブロックを設置します (花崗岩の部分)

 

先ほど設置したブロックとホッパーの上にレールを設置。

この上にホッパー付きトロッコを設置して少し押せば勝手に往復し続けます。

ホッパー付きトロッコはアイテムの積載量が増えると加速力が落ちるので、

金が不足していない限りはなるべく全部パワードレールにした方が良いでしょう。

また、この後の回路の兼ね合いで、パワードレールの動力供給用のレッドストーントーチはレールの下に設置してください。

 

安山岩部分の上にかまどを設置します。

 

燃料搬入部分

次は燃料を搬入する部分を作ります。

 

ホッパーを横からかまどに接続。

ホッパーを持ってShiftキーを押しながらかまどをクリックするとできます。

 

続いて先ほど設置したホッパーの両側に図のようにブロックを設置します。

その上にレールを設置。

 

ディテクターレールがある側に図のような回路を設置します。

これによってディテクターレールを通過して数秒後にoff状態のパワードレールに動力が入るため、

線路の端でトロッコが数秒間一時停車する形となります。

停車時間が長いほど多くの燃料を一度に積み込むので、リピーターの数はかまどの数に応じて変更してください。

 

先ほどのパワードレールの上にチェストを設置。

ホッパー付きトロッコが停車中にこのチェストから燃料ご吸い出し、

かまど横のホッパーの上を通過しながら、各かまどに燃料を搬入していきます。

↑ このレール上のホッパー付きトロッコの挙動の解説です

 

精錬アイテム搬入部分

さて、次は精錬するアイテムを搬入する部分を作ります。

これは先ほどの燃料搬入部分と全く同じ仕組みです。

かまどの上にホッパーを設置。

レールを設置。

作った方角によってはレールの接続がうまくいかないことがありますが、その際の対処法は下の方に書いてあります。

 

続いて回路を設置。

リピーターの量は燃料搬入部分と同じにすると良いでしょう。

 

チェストを設置。

 

最後にそれぞれのレールにホッパー付きトロッコを設置します。

レールの端の部分 (丸で囲った部分) に設置すると勝手に走り始めます。

これで多連装自動かまどは完成です。お疲れ様でした。

 

レールの接続がうまくいかないとき

まっすぐに並んだレールは南北方向より東西方向に優先的につながるので、

今回の装置のように2つのレールを並列する際に方角によっては困ったことが起こります。

今回の装置の途中、上図のような状況になると思います。

この時画面に写っているパワードレールが南北方向に伸びている場合、上段にレールを設置すると

このように謎の坂が出現してしまいます。

東西方向が優先的につながった結果ですね。

 

このような時には

下段を一時的に1マス分延長し、

上段にレールを設置

下段を元に戻すことでまっすぐなレールを並べることができます。

 

注意点

この自動精錬機はかなり強力なのですが一つだけ注意点があります。

精錬アイテム・燃料用のチェストに間違って精錬できないアイテムや燃料にならないアイテムを入れてしまうと

全体の動作が止まってしまいます。

こうなるとかまどとホッパーから直接問題のアイテムを取り出さないといけないので注意してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加